ミラドライでワキガを克服

ワキガは遺伝するのか

ワキガは遺伝するなどといわれていますが、自分の両親はワキガなどではなく必ずしも遺伝するものではないといえます。
自分の匂いはそれほど気になったことはないのですが、子供の頃に友達と遊んでいると臭いなどといわれたことがあり、そのようなときにはお風呂に入って念入りに体を洗うようにしていました。
通常、ワキガというと自分でも臭いように感じるイメージがあったのでまさか自分がワキガ体質であるとは思わなかったわけです。
年齢を重ねると、その匂いは強く出るイメージを持つ人も多いかと思われますが、自分の場合は年齢を重ねても自分自身で臭いと感じたことはほとんどなく、シャツに汗ジミが生じるようになったとき自分がワキガ体質なのではないだろうか、このように感じることになりました。
美容皮膚科でカウンセリングを受けた際に、自分のワキガは軽度のもので制汗剤を使い対策することもできるといわれたのですが、制汗剤では一時的な予防にはなるけれども治療になるわけではありませんので、もし制汗剤を使うことを忘れてしまったり忙しさなどで対策ができないとなれば匂いを周囲の人々に知られてしまうのが何となく不安だったのです。
子供頃に臭いといわれたけれども、大人になって同じようなことをいわれてしまえば会社の中で変な噂が広まることも恐ろしかったですし、当時付き合っていた人から同じようなことをいわれたり嫌われてしまうなども不安材料でした。
ちなみに、ワキガは皮膚の奥の方にあるアポクリン腺と呼ぶ汗腺から分泌される汗が原因ではなく、この汗と皮膚の常在菌が混ざり分解されることで生じる匂いといいます。
そのため、当初はデオドラント効果を持つ制汗剤を使って対策をしていましたが、使い続けていると何となく効果が薄れたように感じたことがあったり、何よりも制汗剤そのものに独特な香りが付いていたため香水をつけているのか、このようにいわれたこともあったのです。
もちろん、ワキガで制汗剤を使っているなど人にいうことはできませんでしたので、前の日の入浴のときに使ったボディーシャンプーの香りかもしれない、このように逃げましたが対策をしても変な風に見られてしまうのはやはり治療を受けた方が最適だと考えるようになりました。

ワキガは遺伝するのかミラドライを利用してみた効果がすぐでる